変わったペットを飼おう

カピバラを飼おう

カピバラ(学名Hydrochoerus hydrochaeris)は、ネズミの仲間では最も大きい動物で、和名ではオニテンジクネズミと呼ばれます。非常に穏やかな性格で、愛情深い動物です。ペットとしても人気があるわけは、人間の生活ともよく馴染むためです。寒い季節に温泉入浴をする姿が各地の動物園で見られるため、最近は特に注目されています。お風呂に入っているときには、人間のように幸せそうな表情になります。カピバラは草食性の動物です。野生種の場合は水辺に生えている草をよく食べます。ペットとして育てる場合は、キャベツなどの野菜を主に与えていきます。スイカやメロンなどの果物も好みます。 座敷でも普通に飼える動物です。猫や犬を飼うような感覚で飼育することができるのも人気の秘密です。お昼寝をするのも好きですから、快適な寝床を作ってあげます。ペットとしてカピバラを飼うことの醍醐味は、愛らしい寝姿を見られることです。人間の住居の中ならば外敵に襲われることもないため、安心してよく眠ってくれます。幸せな寝姿を見れば飼い主も癒される気分になります。 カピバラがペットとして一般的になってきたのは最近のことですが、飼育のための情報は簡単に入手することができます。よく分からない場合は、動物園へ行って観察をしてからがおすすめです。動物園へ行けば、与えられている餌の種類や、飼育環境も理解できるため、大いに参考になります。 和名のオニテンジクネズミという名称からして、縁起が良さそうな動物です。家族の一員となってくれれば、楽しい生活をすることができます。人間の子供とも仲良くできる優しい動物です。この優しさは草食動物らしいものです。 よく遊んでよく眠るという単純明快な生態が魅力です。ネズミの仲間の中でこれほど巨大な動物はないのですから、貴重な存在です。犬や猫と仲良くできる包容力もあります。長く飼っていれば、愛着が沸いてきて本当の子供であるかのように愛おしくなる動物です。

↑ PAGE TOP