変わったペットを飼おう

アナコンダを飼おう

この蛇は、ボア科アナコンダ属のヘビの総称であり、代表的な種があります。 ペットとしても飼われることがある代表的な種としては、全長が10メートルを超えることもあるとされるオオアナコンダ(学名Eunectes murinus)があります。少し小さめなものとしては、キイロアナコンダ (学名Eunectes notaeus)というものもあります。 ペットとして飼うということは、一般の人には信じられないようなことですが、一部には飼う人もいます。極めて食欲が旺盛で、とてつもない怪力で動物を締め付ける力がある蛇ですから、並大抵の覚悟で飼えるものではありません。飼う場合は、飼い主も蛇に負けないくらいの怪力が必要です。締め付けられたとしても、跳ね返すことができるくらいの力がなければ不安です。 ペットとして飼うには専用の小屋も必要です。頑丈で逃げ出す心配がない小屋を確保することが大切です。 ペットとして大蛇を飼うということは、一部の愛好家にとってはこの上ない楽しみです。熱帯に生息する動物の中でも、特に大きなもので迫力も絶大です。 アナコンダをペットとして飼う場合には、地方自治体の許可が必要です。危険な動物であることは間違いないですから、飼う場合は万全の対策を整える必要があります。餌については調達できる物の範囲内で与えます。 肉食動物であることに配慮して、餌を与えていきます。 長く飼っていると蛇でも愛着が沸いてくるものです。蛇は恐れられる存在であると同時に、崇められる存在でもあります。昔から縁起がよいとされてきた動物です。これだけ大きな蛇を飼うことになれば、さまざまなご利益を授かることができます。爬虫類独特な皮膚の光沢も毎日にわたって楽しむことができます。熱帯の動物で寒さには弱いため、冬には暖房をきかせてあげることが欠かせません。大きな動物ですが、環境の変化に敏感で意外とデリケートです。体調管理に気を配ってあげれば、長生きをさせることができます。

↑ PAGE TOP